湯葉鍋~スカ男と歩むレグランド~
プロフィール

yuva

Author:yuva
★Granado Espada
ジェムシリカサーバー
FlameMeron党

スカ男大好き!大剣大好き!

★Blade&Soul
琥珀サーバー
無印良品門派

剣術(col)&召喚(cien)
バックステップ死亡症候群


LikeandLove!!
*邦ロック
*お酒
*オフゲやり込み



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆばの話③紫陽花党
ずっと書いてなかったですが、この話つづき書きます!






GE始めて1年ちょっと、まだまだヒヨコのわたしたちが作った
超弱小党・紫陽花。
最初は立党した3人でちょこちょこ遊んでいたのですが、
なんででしょうね!人が恋しくなったのかしら!
ナンパ(無所属の人に入党の声かけをする)ようになりました。

そんなある日、ついに入党希望者がやってきました!
家門名は伏せますが、家門レベル40近くもある超ベテラン家門(当時)の人がきてしまったのです。
ヒヨコ3人は焦りましたねwww
なんでなんで!!つってw
入党した彼は「まったり新しい環境で遊びたかったの~」と言ってくれてうれしかったね。
なんだかんだで、3人とも馴染んで仲良く遊ぶように。
彼は「さぶちゃん」と呼ばれるようになりました。

その後、ナンパの成果もあってか続々と入党者が現れ
しかもそれぞれかなりの実力者ばかりで!今までいけなかったミッションにも
数多く挑戦するようになりました。
運よく、気のいい人ばかり集まっていたので、みんな仲良しでした。

c9738cef8e4216bb7e3aafac31e5a88a.jpg

そしてこんな感じで人も増えて!
何ヶ月かに1回集合写真とろうかーなんてのが恒例行事になりましたw


そしてなごやかーにマイペースに遊んでいた紫陽花。
立党して半年がたったころ起きたのがあの震災でした。

幸いにも、東北に住んでいて連絡とれなくなった、という人はいませんでした。
あの重々しい空気からのがれるように、党チャットでたわいも無い話をする党員たち。
そんなとき、さぶちゃんは突然言ったのです!「俺引退する!」

震災で連絡がつかなくなった身内がいるということでした。
道もまともに通れるか分からないときだったので、うちも党員たちもまだ危ないよって引き止めたのですが、
本人の決意は固かった。
もう戻って来れないようにしたい、リアルもそっちでがんばりたいからって事でした。
でも、私は大好きな友達だったしそんな突然のことですごく寂しかった。
無事かどうかだけでもちゃんと連絡しろ!!とそれだけしか言えなかったです。

そんで、さぶちゃんは「わかった!またね!」といって去っていきました。


そこでうちは決意したのです。
さぶちゃんが帰ってくるまでにリアルのゆばもすっごく充実した、いい女になって!
紫陽花党もめっちゃ強くして!
さぶちゃんを驚かしてやるぞこんちくしょう!と。


それがいい意味でも悪い意味でも私の転機だったように思います。
いままでより強くなる為に、効率重視の人間になっていきました。

これまでは党首は1ヶ月交代制で、立党した3人で回していたのですが
3人のうち1人がまったくインしなくなった事と、
もう1人(この方を仮にAさんとします。)がわりとナイーブな人だったこともあって、党首をあまり私から動かさなくなりました。
それがまた、ワンマンな体制に拍車をかけてしまったかもしれない。


このあたりで、効率主義よりな家門さんが入ってきたこともあって
紫陽花は少しずつ変わっていきました。
党首と副党首は毎日、ミッションの声かけをするために毎日インしてたし、
ひどいと、エクセルで日ごとのミッション予定表を作ったりもw

このときの副党首さんがけっこうなトラブルメーカーで・・・
他党の人といざこざを起こしたり、党員同士でケンカして脱党者が続出したりしました。
ただアツいだけで空回りしちゃうんでしょうけど、この人とはもう本当に何回もやりあって、
話し合ってケンカして。
また、Aさんとも意見が合わないことが多くてケンカしてケンカしてw
あまりに頭にきて党首ほっぽりだして私自身が脱党したこともありました。

同じようにAさんも脱党してやっぱり戻ってってこともあったけどww


そんなあるとき、ついに副党首ふたりがケンカして、ひとりが脱党。
迷いに迷って、もうひとりの副党首さんも除名しました。

このときほど党首辞めよう、党解散しようって思ったことはないです。
もうやってられっかー!!って思いました。
ほんで、党解散しようと思うんだよネーって党員さんにちょこっと話したのですが。
「俺は紫陽花が好きなんだけどなあ」と言ってくれた人がいました。
その言葉で、もうちょっとやってみるか!という気になれました。

いままでの効率重視の党活動はやめて、前のようにのんびりマイペースな党に戻りました。
でも、ミッションは挑戦できるものは積極的にしていこうと。
ここらから他党ともかかわり始めて、合同でミッション挑戦がはじまりました。
混沌や、時計は他党さんと一緒に少しずつクリアできるようになって。
コロニーにも挑戦しはじめて、紫陽花で初!コロニー取得も達成しました。


“でも、紫陽花もここまでだった”。
紫陽花が好き と言ってくれた党員さんもついに離党していきました。
その党員さんも、今までの離党していったひとも
なにも悪くないし、ゲームを遊んでいるのだからそれは当然の事です。

でも党首でいる限り、党を続ける限りずっとこの繰り返しになるんだなってそのとき悟りました。
わたしはその気持ちを抱えたままでゲームが楽しめるのだろうかって、思いました。

そして決意しました。党解体。

党員さんたちにその話をしたのは、みんなで鉱山へいって遊んでいる時でした。
みんな、びっくりしていたけど、私の話を聴いて納得してくれているようでした。
じゃああと少しだけど楽しもうねって言ってくれました。


そして、恒例行事の集合写真を撮って。
ワールド掲示板で党解体を宣言して。

「かいさーーん!!」

多分そう言った記憶がありますw
これをもって紫陽花党は解散しました。




457bade74cc0f538cce2dea2a0664396.jpg



不思議なんですけど、わたしがこの記事をせっせこ書いてるとき
Aさんも紫陽花党の動画をつくっていたそうで。
きょう見せてもらいました。

党員さんたちにとってどんな党だったのかはわからないけど、私はすっごく楽しかった。
たぶんAさんもすごく楽しかったのかな?動画つくるくらいだしw
あのときすこしでも一緒に遊んだひとたちが、たのしい!って思ってくれてたら嬉しいんですけどね。





これ読んでくれたひといるのか分からないですが、お付き合いいただいてありがとうございました。

スポンサーサイト

ゆばの話②Chefs.Q党
Chefs.Q党。現在は共和を代表する大手党。
うちが入党したころは党員12,3人くらいの少数党でした。

入党するすこし前に、シャペンベルガーザカースのミッションに連れていってもらって
初めてレイド というものを経験しました。
メインキャラでさえVt1人もいなかった当時のうちは、とにかく焦げて焦げて
そのたびにがんばれ!と言われつつ蘇生してもらったっけな。
で、うちが感じたのはなんだこれ!!超たのしいぞ!!という気持ち。

そして無事、正式入党。党員のなかで1番家門レベル低かったw
なんせVt1人もいなかったからね。
今から考えるとハァ?って思われそうだけど当時はMs1人作るのに1年かかった時代です。

そんなうちを心配してか、厚意にしてくれたのが副党首3人。春さんリンさんえりさん
そう、このえりさんがerinaさんなのです。
えりさんは・・・・・とにかく・・・・・エロかった

シークレットガードを組んでくれて連日放置を一緒にしてくれたえりさん。
寝るまでの間党チャや囁きで会話する内容のすべてにエロ要素がちりばめられていたのですww
たいていのワードからすさまじい語彙力でエロへとつなげていくぅぅww
毎晩話すたびに大爆笑して寝れなくなるので一緒の放置を避けたいと思う時があるレベルだた。

(まったく関係ないけど最近リアルでえりさんそっくりの上司に出会ってしまい
この人えりさんちゃうか・・・とよく疑っています・・・)

でも、まじめな話をするとまじめに答えてくれる。落ち込んでると励ましてくれる。
お~ほっほっほ!というえりさんの笑い声はなにか、安心感がありました。
それまで「私」だった一人称が「うち」になったのは確実にえりさんの影響です。
GEにしろ考え方にしろ、えりさんは師匠でした。

同じく副党首の春さんと、リンさんとの掛け合いも常に爆笑ものでw
Q党はまるで家族のようなあったかい党だったのです。



でも、仲間内に徐々に誰それに抜かされそうだ、やばい、
そんな焦りが見えてきた。
この頃からりもさんは頭角を現してきていました。
そして一緒に移動してきたことりんと、あるるんは他党員とミッションの時間帯が合わない。
置いていかれていくばかりだったのです。

「ここを離れて新党をつくろうと思うんだけど」

ことりんの提案には、うちもやってみたい!挑戦してみたい!と感じた。
だけど、大好きなえりさんの元を離れることがイヤで、すごくすごく迷った。

そして、選んだのは新党でした。

まともに話をしたら絶対残りたくなってしまうから、えりさんの寝てる間にササを残して脱党した。
怒られるとおもっていたけど、えりさんは「ゆばんが何するのもゆばんの自由でしょ!」とあっけらかんに笑ってくれた。



こうして紫陽花党が立党。
楽しく、つらく、幸せで、そんで泣ける2年間が始まった。


ゆばの話①宴党
寝れなくなったのでちょっとだけムカシバナシ。

うちがレグランドでGEを始めて最初に入党したのは宴党、という党でした。
正式名称は違いますが秘密にしておきます。

GE開拓がいまみたいに初心者サポートがぜんぜんなくて、完全にお通夜だったんだよねー。
なんで、速攻抜けて。どっか初心者っぽい党ないかなぁって探してたら、
王達の庭園で放置してたひとがいて、その人が所属してたのね。

そこで出会ったのがことりんリモさん。あと紫陽花の副党首だったあるるん。(ダイヤの人ではない)

コインブラでりもさんと、ことりんと、党首さんに囲まれて話したときの事いまでも覚えてるw
ネトゲ初めてから、はじめてマトモにチャットしたのがあの時だった。

りもさんは当時から本当に面倒見がよくて、これこれってどうするんですか?って聞くと
いつでも即答してくれて、頼りになる先輩!って感じだった。
党首さんはうちがクエスト進めてる現場まで様子を見に来てくれたりしたな。
ことりんは1人でちまちま遊んでるとササや党チャットで、話しかけてくれたりした。

ミッションに毎日行くっていう雰囲気ではなかったけど、まったりしててすごく居心地がよかった。
紫陽花をつくったときに目標にしたのは、じつはこの宴党だったりしたのである。

帰ってくれば誰かがオカエリーって言ってくれて、仕事行く前はイッテラーって言い合ったりして。
今となっては当たり前なんだけどうちにとっては新鮮な世界だった。


でもそんなゆるやかな日々が変わったのはりもさんが脱党したときだった。

党首さんがリアル都合でINできなくなり、すこし寂しくなった宴党。
おそらくもっとゲームを楽しむために?かな?りもさんは宴党を出て行った。
そしてChefs.Q党へ入党。

後のメンバーはそのまま宴に残っていたけど、りもさんが誘ってくれて
うちと、ことりんと、あるるんの3人はQ党に移籍することになったのです。

そのQ党で、うちはGE最高の師匠・erinaさんに出会ったのであった。







俺得ですが、いつかに続きますw多分。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。